青森山田通信制高校、青森校・札幌校で3年間の修業年限で卒業できます。

卒業生の声

幅広い分野で活躍する卒業生たち

私はダーツのプロ選手になりたいと小学生のころから夢を持っており、ダーツの練習をしながら学校に通うことができる青森山田高校通信制に進学を決めました。

初めは年齢も様々だと聞いていたので不安もありましたが、理解ある友人も出来て本当に楽しい学校生活が送れました。自分の夢をバックアップしてくれた学校に感謝しております。

卒業後に夢であったダーツのプロ選手になることができ、これからの夢は日本のトッププレイヤーになれるよう仕事と両立しながら練習に励んでいます。在学中に培った「忍耐と感謝」を忘れず夢へ向かい頑張ります。





このページの上へ


私は将来飲食店の経営をしたいと思っています。以前、全日制の高校に通っていましたが、経済的に苦しかった理由から青森山田高等学校の通信制に転校しました。一週間に一度程度の学校は気の合う友人もでき楽しく過ごせました。また、学校以外の日はアルバイトをして家計の負担を減らすことができました。

高校3年時の進路決定の際は本当に悩みました。私の夢を叶える為には大学で経営学を学ぶべきと考えていましたが、現実を見ると経済的に苦しく進学ができないと半ば諦め就職しようと考えていました。そんな時、担任の先生が大学の事やいろいろな制度があることを親身になって相談を聞いてくれました。その事がきっかけで大学に進学できるようになりました。

今、大学では勉強と両立しねぶたサークルに入り囃子方として練習をしています。今まで学べなかったことや、先輩方との交流を含めて人間として成長できている事がうれしく思います。
あの時の相談からここまでくるとは考えてもいませんでした。これからも夢を現実にするために勉学に励み、好きなねぶた囃子を続けていきたいと思います。





このページの上へ


私は全日制の高校で初めはバスケットボールを部活として頑張っていました。しかし大きな挫折があり進路変更を考えることになりました。そんな時、バスケットボール部の先生より通信制の事を教えて頂きました。高校だけは卒業したいと思い、青森山田高校の通信制に転校しました。

初めは学校へ出校する日数も少なく楽だと思っていたが、授業やレポート提出とやるべきことが多く戸惑いました。学校が進むにつれて体力的にも余裕ができてアルバイトや大好きだったバスケットをもう一度やりたいと社会人チームに所属しました。また、本気で話し合える友人も出来、本当に楽しい学校生活が送れ無事卒業できました。先生方に教わった事やバイト先で教わった事が今、就職していてとても役に立っています。

これからも青森山田高校の卒業生として仕事に趣味のバスケットボールにと全力で頑張っていきたいと思います。





このページの上へ


卒業生の進路先

証明書オーダー

よくある質問

100周年募金

卒業生の声

先生紹介